毒家庭のストレスとトラウマ

毒家庭と姑

毒家庭と毒姑に対するわだかまり

大石先生、こんにちは

前回の施術より、2週間以上経ちました。

感想が遅くてなって申し訳ありません。

その後の経過と、感じた事に対して、まず、体の面や、気になっている癖について、左肩の痺れは、まだ時々ありますが、痺れが出る感じは、少し減ったように思います。

みぞおちの痛みも、前ほどの痛みはないです。

耳鳴りも、あまり気にならない程度です。

爪を噛む癖と、髪を引っ張る癖も、ストレスが強くなったらやってしまう時もありますが、これも出来るだけ、意識してやらないように気を付けるようにしています。
なので、以前よりも減りました。

ストレスやトラウマの方は、この2週間くらいで、小さいから、ずっと我慢し続けていた色々な感情に気付く事が出来ました。

小さい頃から、父親から支配され、母親からも守ってもらえず、ずっと我慢していた感情が、ある2つの出来事によって気付いたりしました。
(その出来事に対しては、1つはめちゃくちゃムカつき、もう1つは凄く虚しくなり涙が出ました。)

今まで、色々と満たされなかったストレスや、我慢し続けた事によるストレスが、過食や、対して欲しくない物を買っては、散財したりして発散していました。
その買った物もすぐに飽きては捨てたりと、その繰り返しでした。

小さい頃から、家庭環境、両親の不仲、両親の思うように支配され続けたら、私自身が大人になっても、忘れるどころか、傷を癒さない限り、ずっと続くんだと思いました。
(自分の気持ちを聞いてくれる場所や、人って本当にありがたいです。)

両親に対しての怒りの感情、人が楽しそうにしている姿を見た時の感情を、小さい頃から出せなかったので、今になって、ようやく自覚しました。
そのおかげで、本当に私の小さい頃から欲しかったものが分かりました。

それが分かってから、あまり物も買いたいとは思わなくなりました。
(本当に必要な物は買いますが、ちゃんと考えてから)
ただ、食べ過ぎる事だけは、少し残っているので、次は、ここを減らすようにしていきたいです。

1番の原因は、今、住んでいる隣の家に、姑が住んでいるので、顔を見たり、声が聞こえたり、話かけられたりするのも強いストレスになっています。(過去に色々とありましたから)
自分の両親に対してもストレスを感じるところがありますが、今、離れて住んでいるので、姑程ではないですが、私自身、まだまだ親という存在に、ストレスを感じているんだと思います。

まだ、この辺のところを、癒していきたいと、思いますので、引き続き、宜しくお願いします。Y.M

関連記事

  1. 長女の心配
    娘の事が心配です
  2. 酷い頭痛
    姉と妹の確執と頭痛
  3. 信頼関係のある方のペットの相談
  4. ストレスとトラウマの解放
    毒家庭のトラウマとストレスを解放

環境面の特集

当院サイトのメンタルヘルスケアのランキング