遠隔ヒーリング 遠隔療法 おおいし治療院
遠隔ヒーリングは心と環境に対応し、遠隔療法で肉体を癒します
遠隔スピリチュアル・ヒーリングであなたを癒します

スピリチュアルで遠隔ヒーリング

スピリチュアルヒーリングの全貌

スピリチュアル的にチャクラを通して考えた、スピリチュアルヒーリングの捉え方を書いてみます。
この考え方も私が遠隔ヒーリングを通して、感じた境地と思っていただけるといいかと思います。

東洋哲学で陰陽五行論があります。
今回は陰陽思想を取り入れて考えてみました。

陰~闇・夜・月・あの世・他力
陽~光・昼・太陽・この世・自力

といった相反する世界が存在します。

ヒーリングにおいては、邪気という存在は、闇の勢力と捉えます。
あなたの中にも、光と闇が共存をしています。
もちろん、私にも光と闇が共存しております。

あなたが遠隔ヒーリング受けるときは、あなたの闇(邪気)を癒やさないといけません。
こちらにも闇がありますので、どちらかというとこちら側は、光を呼び込まなければなりません。
光をもっと増やすとか、もしくは応援してもらうとかです。

光を増やしたり、応援してもらうにはどうしたらよいか?考えないといけませんよね。
そして、自力と他力というときは、どのタイミングで考えればよいかを考えます。

図をご覧になってください。

チャクラを通じて考えてます。
下位チャクラが必要だと考えたら、自力のときで、自分の光を意識して、闇の勢力と戦うという感じでやっています。
闇の勢力と戦うというのは、イメージしにくいですから、こう考えてください。
技術力を駆使して、邪気を処理するという感じです。
これが自力でスピリチュアルヒーリングを使うということになります。

中位チャクラはどうかというと、できるだけ相手を包容して、愛情からヒーリングする感じです。
邪気も包容するのです。
この場合は戦いというのは存在しません。
自分のオーラで、あなた+邪気も含めて包むのです。
愛と慈悲の調和のヒーリングです。

中位チャクラは下位チャクラの土台の上で成り立っていますので、技術力があった上のヒーリングです。
自力と他力のヒーリングです。

上位チャクラは、下位・中位を含めた上で成り立っていますので、技術力・愛が完成した上でのヒーリングです。
ここまでレベルが上がった上で、大いなる存在に委ねるのです。
まさに偉大なる叡智が働きかけるヒーリングといえます。
直観、ヒラメキ、大いなる存在がキーワードといえます。

この世とあの世では光と闇の捉え方が違います

私は、3次元は光・闇が共存する世界で、あの世の3次元~9次元の世界は、光と闇が分断される世界だと思っています。
図のように、光も闇でも波長の違いで、区分けされると思っております。
境地の差ともいいましょうか。

何がいいたいかというと、この物質3次元は、光と闇が共存する世界なのです。
ここに遠隔ヒーリングが必要になってくるのです。
ヒーラーは大いなる光とつながり、あなたの闇とつながり、癒し、あなたの光を増やす存在なのです。

天使でも菩薩でも天界でもない、私達が私及びあなたの闇の架け橋となるのです。
あなたが死んだら、闇はこの3次元(あの世の3次元)にとどまるでしょう。

そう考えてみると、邪気を怖がることもなく、恐れることもなく、ただただ救いを求めていると思いませんか?
そして、波長同通で引き寄せているだけなのです。

遠隔ヒーリングは、3次元でしか、成しえない御業といえましょう。

これが当院が考えている、スピリチュアル・ヒーリングの全貌です。

遠隔スピリチュアル・ヒーリングであなたを癒します

あなたの存在は大いなる存在に守られているのです。
決してあなたは一人ではありません。
そしてあなたも大いなる存在、そのものだと気づいたときに、あなたはあなた自身を癒せるでしょう

まとめ

今回、初めて私が普段考えている、スピリチュアル・ヒーリングの骨格といえるものを公開しました。
3つのチャクラの働き、パワー(技術力)、愛(包容)、知恵(委ねる)を使ってするのが、スピリチュアル・ヒーリングと呼ぶものです。

あの世とこの世は闇と光の作用が違います。

そして、治療家である私は、大いなる光とつながり、あなたの闇とつながり、癒し、あなたの光を増やす存在となりたいです。