胃の不快感、食欲不振

自律神経失調症による不定愁訴

不定愁訴、自律神経失調症

身体の不定愁訴

  1. 胃もたれ(半年以上)食欲不振、背中痛
  2. 手足がしびれやすい(1年以上)
  3. 脇の下・左の痛み(年末から)
  4. 耳鳴り(高いキーンいう音)もたまに
  5. 目の出来物
  6. たまに動悸
  7. 数ヶ月に1回、激痛、腹痛のあと下痢
  8. 夜、3回くらい目が覚める
  9. まぶたもピリピリする(一週間前から)
  10. 血圧低い
  11. 微熱がずっと続く

精神の不定愁訴

  1. 情緒不安定
  2. どこかに痛みがあると凄く不安になる
  3. 不安と恐怖が大きい
  4. 他人の影響を受けやすい
  5. 比較することが多い
  6. 自己肯定感が低い

自律神経失調失調症のケアとヒーリング

病院に複数通っているが、胃カメラで逆流性食道炎と診断される。
それ以外にはどこも異常が診られないらしい。
しかし、主訴の胃の不快感と食欲不振に対しての漢方と薬は併用するも全く効き目がないらしい。
たくさん不定愁訴があるので、自律神経失調症からの不安障害として診ていこうと思いました。

喉のチャクラが弱っています

全身の症状と身体をリーディングしてみると、第5チャクラ(喉のチャクラ)が弱っていると判明。
セルフ・ヒーリングも喉のチャクラを強化してもらう。

子育てのストレスもあります

子育てのストレスもあるみたいです。
完璧に子供をみようとしている為、知らず知らずの内にストレスが溜まっているようです。
それが上手くいかず、自己否定・自己卑下になっている。
胃の辺りのネガティブな想念(うつ的な感じ孤独感)
ストレス→小腸(たまに腹痛)→胃・食道炎(慢性)

環境面(ストレス)→胃腸の問題→喉のチャクラから全身の不定愁訴(自律神経失調)→精神面(不安障害)

このように対応させていただきました。
少し胃もたれがまだあるとの事でしたが、3日以上空けて、また報告してもらいます。

関連記事

  1. 息子亡くし心に傷が残る
    うつ病と不安、最愛の息子失くす
  2. コロナで家族で価値観の相違
    コロナで家族間で価値観が浮き彫りに?
  3. 頭痛と胸のつかえ
    対人関係のしがらみ2️⃣
  4. 不安障害
    身内とのしがらみで不安障害

環境面の特集

当院サイトのメンタルヘルスケアのランキング