遠隔ヒーリング 遠隔療法 おおいし治療院
遠隔ヒーリングは心と環境に対応し、遠隔療法で肉体を癒します
低周波音症候群

低周波音・聴覚・化学物質過敏症など・・

E・A 40代後半 主婦

先日お電話しました、愛知県のE・Aです。

10年前から、家の前の公共施設の地中にある浄化槽のモーター音か、水流の音が原因と思われる低周波音過敏で悩んでいます。
夜、2階の寝室で寝ていて目が覚めたとき、特に大きく感じますが、家中でも感じてしまいます。
冷蔵庫、パソコンは何とか慣れましたが、外出すると電車、車、空調設備、大きな音の音楽、など怖い音がいっぱいあります。

遠隔治療を考えています。
何とか治したいです、よろしくお願いします。

別日に追記

低周波音過敏症かと思います。

11年前に家の前の公共施設の浄化槽(地下タンク)が動き出し、音に敏感になりました。
2011年から、仕事でプラスチック製品を扱い、化学物質過敏症のようになりました。関節痛、のど痛、じんましん、臭覚過敏、など仕事を辞めタリオンを投薬、自然の中を歩いて解毒に努めました。

2015年、口の中の頬の皮がベロベロ捲れるのに気付き、金属アレルギーテストを受ける。
亜鉛に少し反応。

金属を外していきましたが、かみ合わせが酷くなり、耳鳴りがはじまる。
メンタルが落ち込み、食欲不振、不眠、そして聴覚過敏、低周波音過敏が酷くなる。

現在は、整体をしながら、骨格を整えて噛み合わせの治療して下さる、歯医者さんに巡り合い、少しずつ治療中です。

不眠、食欲不振は2週間、漢方の桂枝加竜牡蛎湯、柴胡桂枝乾きょう湯を飲んでいます。

噛み合わせが整い始めたおかげか耳鳴りはとても楽になりました。
電車と車もだいぶ楽になりました。

低周波音症候群

遠隔治療で月に2回くらいのペース

2017年7月から2019年1月現在

初診から、1年半くらい経過しております。
ここ数ヶ月は月一回、程度の遠隔治療です。

朝起きたときの浄化槽の音が気になって、申し込むことが多いですね。
浄化槽10→2くらいは改善しております。
この音で、恐怖心や不安、不眠症になっていました。
音が辛いという感じになっています。
感情レベルは無くなり、不快レベルはまだあります。
不眠症は改善されております。

それ以外の上記の低周波音は改善に向かっているのではないか?
と考えております。

E・A 50才 主婦

相変わらず朝いちの浄化槽が辛いのと、耳の奥でパチパチと音がします。
耳管解放症と言うのでしょうか。
唾を飲み込む時、深呼吸で吸う時、自分の声まで響くのが当てはまってしまっています。
歯の高さでこうなるのかとも思いましたが。
年末に詰め物が欠けたり、先日は他の被せものが取れたり、まだまだ安定はしていません。
喉も痛いです。

 低周波音より、口腔心身症や耳管解放症に変化

初診時からやたら、噛み合わせや歯医者の話題が出ています。
歯医者も2回くらい変わっています。

口腔の状態で、急に低周波音(浄化槽)が悪化したりすることが多いので、口腔ノイローゼもしくは、口腔心身症が原因で、低周波音症候群が治りにくいのでは?と思っています。

口腔心身症とは,その発症や経過に心理社会的要因(心理因や環境因など)が密接に関与した口腔領域の器質的ないし機能的な身体疾患や身体愁訴,あるいは歯科治療に関連して発症する心身の不快症状のことで,その診断・治療を行う上で心身両面からの対処がより適切と考えられる病態のことをいいます。

耳管開放症らしきものが出始めて、これからは低周波音症候群に変わって変化していくと推測しています。

月1回の遠隔治療の頻度なので、口腔の状態に合わせて、低周波音(浄化槽のみ)→耳管開放症へ変化。
しばらくは要観察です。