遠隔ヒーリング 遠隔療法 おおいし治療院
遠隔ヒーリングは心と環境に対応し、遠隔療法で肉体を癒します
善観行で遠隔ヒーリングしましょう

善観行で遠隔ヒーリングしましょう

遠隔ヒーリングの大石です。

遠隔ヒーリングをしていて、思うのですが、最近、第3チャクラが影響して、胃の不調を訴える場面がみかけます。
第3チャクラは、消化・吸収機能を司ります。

原因を探ると、環境でストレスがあって、時間がたって、第3チャクラの方に影響が出て、胃の不調を訴えていると思われます。
ストレスの原因を掘り下げると、相手の反応に敏感になっているが、黙って我慢して、心に曇りを作っている感じがします。

腹の中に怒りを溜めているのです。
それが胃に気滞を起こし、左肩と首に問題が出ている方が多いです。

そういった方にメンタルを浄化する瞑想法が効果的です。

善観行

人間の脳は肉体とつながっている為、普段人間は自分のことしか考えないようにできています。
なので、他人のことを悪く思い、他人のことを悪く言い、他人に対して悪を行う傾向にあります。
これでは、天地に対して脳が逆立ちしているのと同じなのです。

今日からは、他人の悪いところは見ないようにしよう、他人の悪いところを攻撃しないようにしようと思ってやってみます。
そうすると不思議な事が起きます。
今日一日出逢うすべての人々についている善なるものがあなたに協力してくれるようになる。
今日一日見たり、聞いたりするすべての出来事についている善なるものが、あなたについてあなたをずっと守ってくれるようになります。

他人の良い所をみると、自分の良い所が引き出されてきます。
この天地から一切の悪魔を追い出す唯一の方法があります。
それが善観行を行うということです。

全宇宙のあらゆる人間、物質には光と闇の力が同時に働いています。
我々は善観行によって光のみを祈り出さなければなりません。
善観行を行う人間は常に強運が授けられます。

対人関係は我慢していることが多いかもしれません。
我慢して、お腹にストレスを溜めていたら、慢性的に胃や消化器が悪影響を受けてしまうかもしれません。
そんなあなたに物の見方を転換する、善観行を授けます。
これで環境までも変えられたらいいですよね。