遠隔ヒーリング 遠隔療法 おおいし治療院
遠隔ヒーリングは心と環境に対応し、遠隔療法で肉体を癒します
遠隔ヒーリングで精神性を高めよう

遠隔ヒーリングは、精神・環境を主に扱いますが、高次元で遠隔ヒーリングしないと、あなたの状態がクリアーになりません。
高次元になるには、どうすれば良いのか?考えていきましょう。

遠隔ヒーリングで精神性を高めよう

高次元になるには精神性を高める必要があります

では精神性を高めるには、どうすればいいのか?考えましょう。
知識を得たら、それを体験し、掘り下げ、気づきやそこから何かを学ぼうとすることです。
気の状態でいえば、

  • 知識を得る、頭に入れた状態
  • 体験する、胸に入った状態
  • 掘り下げる、腹に入った状態
  • いろんなことに気づく、足に移動した状態
  • そこから学んでマスターした、足から抜けた状態

気功的に考えるとこのようになります。

こう考えてみると、ただ知識を入れただけでは、雑念レベルであり、頭でっかちで、精神性も高まりません。
情報をたくさん得ようとするだけでは、返って不安要素が高まってしまいます。
そうなると、低次元に入ることになり、感情が不安定になります。

私は、何かの情報を得ようと思う前に、何かに気づいてから、それをブログに表現しようと考えてから、情報収集をします。
こうすると、腹から気が出て、胸で何かを感じてから、情報が手に入るということになります。

これは気功的生き方に繋がります。
下腹の丹田からものを考える癖がつきます。

頭は使いません。
頭が空でないと、天からヒラメキが入ってきませんので、頭で考えることはしておりません。

丹田で考えよう

遠隔ヒーリングは、大いなる他力と繋がり、あなたをヒーリングするのですから、頭で考えてできるものではないのです。
そんなことできませんって声が聴こえてきます(笑)

それは頭で理解しようとしているからです。
気功は、丹田を強化する方法なのです。

じゃあ気功を学んだ方がいいのか?というと、どっちでもいいです。
え、困惑している姿が想像できます(^^)

このブログの記事をみた瞬間から、下腹部の丹田に意識を向けて、生きればいいのです。
気功体操を習いにきても、丹田に意識を常に向けていないと、同じことです。
しばらく、私と会っていなくて、たまにお会いすると、また頭を使って生きている方が大半です。

本当の意味がわかっていないし、また情報にからだが振り回されて、気功を習っているだけになっているのです。
知識レベルでは、高次元で生きられないのです。

一つのことを掘り下げよう

情報の断捨離をしてください。
私にとって、本当に必要なことは何かを感じるのです。
考えるのではなく、まずは感じる。
感じるのは胸の辺りですが、まず頭でっかちの自分を卒業したければ、何も目、耳から入ってくる情報はしばらく断つようにしてください。

そうしている内に、頭はクリーンになってきます。
そして下腹部の丹田に常に意識を置く。
両膝を少し曲げて、重心を置く。
手を当てて、意識を置いてもいい。

とにかく、丹田中心の生活をしてみてください。
そして、一つのことをあらゆる角度から研究する、もしくはみる練習をします。

そうすると感情は安定してきて、五次元レベルになります。