遠隔ヒーリング 遠隔療法 おおいし治療院
遠隔ヒーリングは心と環境に対応し、遠隔療法で肉体を癒します
遠隔治療は優先順位を決める

遠隔治療は連係も可能

遠隔治療の大石です。

信頼てきる先生となら、連係プレイも可能です。
だいたい、相手の施術をしている感じはイメージできるからです。

Y・Tさんだと、代替医療などのブログを書いていますので、先生から何をしてもらったか?などの内容は情報として公開されているので、参考にできます。

さて、一回目の遠隔治療の感想は、 「ありとあらゆる症状が走馬灯のように再現されては消えていきました。
8年前の右おでこ帯状疱疹の痕まで再現されて消えました。」
とのことです。

からだ全体のバランスを取ることを目的としておりました。
今回は下記のような症状の概要をいただきました。

Y・Tさん 女性 50代後半 2回目

(症状の概要)

●拍動性耳鳴り左側、時折続く
→固い床や椅子に座ると特にミシミシ聞こえる。
ドクターは白血球が集まっていると言っている。
ツボ押ししてもなかなか消えない。
●右眼押さえるだけで眼の奥が痛く、右後頭部までも痛かったが、今は少しまし。
左眼に比べて右眼が上向きにくい感じがずっと続く。
●頭皮神経痛右頭頂と左頭頂それぞれの痛みと各縦ライン後頭部痛みが出たり引いたり。
●右眼乱視チラチラしてふらつく。
眼鏡かけるとましになるが、炊事など家事をするにも眼の情報修正が大変らしく、気持ち悪くなる。
●下向くと気持ち悪くふらつく。
→ドクターに今週月曜22日に施術して貰ったので、以前よりは下を向けるようにはなったが、まだ恐くて慣れないし、術後反応でふらついている。
ちなみにドクターの術後反応は、3日くらいで落ち着くことが多い。
●首後ろ頚椎4?あたり、かがんだときに首だけ上を向くとポキポキする。
→以前頚椎5.6.あたりが陥没していたのを五島先生に調整して貰っています。
●右後頭部、盆の窪上方のリンパ節の膨れが数ヶ月ひかない。
ドクターは、口内のばい菌のせいではないかと。
私はヘルペスウイルスを疑っています。
歯は来週火曜日30日午後に歯科でみてもらう予定。
●右肝臓あたり赤いポチッとしたおできがあり痛痒く、数ヶ月間出たり引いたりを繰り返している。
今また肝臓のあたりがねじれた感じがありおできが痛い。
ドクターは体幹ねじれで肝臓が刺激され胆汁が過剰に出ているのではないかと。
●ここ数ヶ月食後げっぷが出やすく、朝起きると口が苦い。
逆流性食堂炎は三度くらいぶり返している。
医者処方の新薬を服用したらましにはなるが、じきに再発。慢性化?

遠隔治療は優先順位を決める

遠隔治療は優先順位を決めます

症状の概略をみて、一度に全て対応するのではなく、そのときの優先順位を決めて、遠隔治療することにしております。
今回は、拍動性の耳鳴りと右目から右頭頂部にかけての状態が、遠隔透視(リモート・ビューイング)でキャッチできたので、遠隔治療をしたいと思います。

遠隔治療の詳細は概ね、彼女のブログに書いている通りなので、こちらを参考にしてください。

大阪のマジシャン先生2 遠隔治療