遠隔ヒーリング 遠隔療法 おおいし治療院
遠隔ヒーリングは心と環境に対応し、遠隔療法で肉体を癒します
遠隔治療は最新の注意を払う

遠隔治療では最新の注意を払います 

遠隔治療の大石です。

今回は3回目の治療をする前にY・Tさんの状態をきめ細かくチェックさせていただきました。
まずはこちらをチェックしてみてください。

遠隔治療は様々な配慮も必要

他の先生と併用して遠隔治療をしていますので、無駄にならないようにきめ細かくチェックさせていただきます。

遠隔治療は最新の注意を払う

遠隔治療では古傷の頚椎

さて、遠隔治療で最新の注意を払った後、症状の概要を頂きました。
相変わらず、症状は細かいですね。
でもここでも遠隔透視(リモート・ビューイング)で、必要なポイントを決めてから、遠隔治療をします。

今回は、最初に転倒したあとに、頸髄のエーテル体に傷がついているのを発見。
転倒する前に頚椎に元々古傷があったそうです。
それで症状が悪化した様子。
これを解除しようと試みました。

Y・Tさん 女性 50代後半 3回目

(症状の概要)

1.先々週五島先生3回の治療
①(月曜)楽器つま弾きで戻ってしまった右手のひら~右腕内側~右烏口突起ラインの緊張をゆるめ、下がった右肋骨を上げた。
②(木曜)左右斜角筋の緊張と痛みを訴えたが、頭板状筋マッサージ、ゆるみ過ぎの腸を手当て。→頭のふらつきが少し戻った。
③(金曜)斜角筋の痛みおよび腕の外側伸筋ラインの痛み再発を伝えたが、これ以上頸部を触って他の痛みが出てくるのを避けるため、タオルでおでこを上から押さえ、腹腔神経節に気を入れ、交感神経優位になり過ぎによる過敏症を治療。→さらにふらつきが増した。

2.現在の症状
①盆の窪右側あたり&右肩の痛み&頚椎由来ふらつきの戻り(ここ数ヶ月は首を思い切り左に向けた時だけ痛かったのが、今は右に向けても痛い。右手先や右腕、右耳の上や右ウエスト背中側も時折痛く、目が霞みちらつく)
+昨日は首左側も痛み頭痛も。
+今朝は昨日夕方の歯の検査で口をやたら開けたせいか、首左側後ろや盆の窪左側も痛み、頚椎4番あたり?も痛む。
(これらは、手ねじれ由来の頚椎3番4番の記憶痛なのでしょうか?
あるいは歯の治療で開けにくい口を無理に開けたせいもあるのでしょうか?
ちなみに前回の遠隔と同じ日に別の歯医者に行き、削った右上奥歯をセルフチェックするため口を大きくあけたら、右首筋、盆の窪右側、右肩の痛みが戻ったので、関係があるのか?と感じました)

②斜角筋の痛み凝り。
左は真ん中にぷくっとした腫れ(胸鎖乳突筋のすぐ横。
深頚リンパ節?)があり、右は真ん中から首付け根にかけて凝りがあり痛い。
首をかしげると首右側でプチプチ音がしたり、気持ちが悪くなったりする。

③左右腕付け根背中側の痛み。
昨日の歯医者で鍼を打たれたせいか、今は右腕全体が痛い。

④かがんだり膝まずくと右膝内側痛い。

⑤左歯を噛み合わせると痛みがしばらく続くことがある。

⑥約束の時間より1時間も早く浄水器メンテナンスが「あと15分で行けます」と電話してきて、慌てて洗い場の掃除をしていたら頭がクラクラしてしまった。

遠隔治療はエーテル体の情報を白紙にします

スピリット・ヒーリングで治療霊がきたので、光の存在に頚椎のエーテル体の状態をお任せします。
その後、遠隔療法でバランスを取ります。
3回目の様子はY・Tさんのブログをご覧になってください。

大阪のマジシャン先生3 負のスパイラルから抜け出す勇気

自力と他力のやり取りで、こちらの遠隔治療のやり方を学んでいただきました。