遠隔ヒーリング 遠隔療法 おおいし治療院
遠隔ヒーリングは心と環境に対応し、遠隔療法で肉体を癒します
エンパス能力を克服するには

エンパスの方を遠隔ヒーリング

北海道にお住まいのエンパスの方をヒーリングしました。
調子が悪くなったときにいつも遠隔ヒーリングを受けています。

他人の想念をたくさん受けていました。
お客さんに会うだけで、お客さんの状態がダイレクトに伝わってくるそうです。
情報だけを拾えばいいのですが、邪気を合わせてもらっているようです。

胸椎5~6番周辺辺りに、3名ほどの霊が。
これがハートチャクラに影響しています。
これがエンパス能力の負の部分を増長させているみたいです。

スピリチュアルヒーリングをして、浄霊。
ハートチャクラの状態を元に戻して、しばらくエンパス能力を制限するようにしました。
しかし、彼女の先天的な能力なので、いずれまた復活してくると思われます。

エンパス能力を克服するには

エンパスのせいで仕事を辞めることに

彼女は以前教員だった時代に、教壇でたくさんの生徒に話をしているときは大丈夫だったようです。
しかし、生徒さんの面談のときに個別で対応するときは、生徒さんの影響をモロに受けていたそうです。
それで体調が悪化して、仕事を辞めざるをえなくなりました。

エンパス能力を制限するにはどうすればいい?

エンパスじたいは悪い能力ではありません。
相手の気持ちが解るというのは、ある意味強みです。
ネガティブや闇の影響をモロに受けるのが難点です。

能力としては受信型なので、発信型も磨くと良いのです。

  • エアロビクスやダンス
  • とにかく運動して体を鍛える
  • 相手の気持ちを考える前に自分の考えを先に語る
  • ハートチャクラを使って自分のオーラをとにかく拡大する

感じるより、体を鍛えて感覚を鈍らせる

教員時代に教壇に立っているときは、全員の生徒の前で話をしているときだけ楽だったという事からもわかるように、発信型を磨いて、バランスを取った方がいいです。
下位チャクラを磨いて、打たれ強くなるくらいがいいです。

エンパスに対して前向きに捉えて、対策した方がいいですね。
やりたいことでも邪気を受けて、いつもあきらめる癖がついたら厄介です。
そうならない為にも発信型を磨く必要があります。