遠隔ヒーリング 遠隔療法 おおいし治療院
遠隔ヒーリングは心と環境に対応し、遠隔療法で肉体を癒します

「西洋医学」の記事一覧

退院後遠隔治療

足腰フラフラの方を遠隔治療

公開日:更新日: コメントなし

退院後に遠隔治療 インフルエンザから誤嚥性肺炎を遠隔治療させていただきました。 退院後の引き続き、遠隔治療で診てほしいと依頼されました。 80後半のおばあちゃんですので、かなり生命力が弱つています。 その辺りを考慮した、 …

誤嚥性肺炎

インフルエンザの後遺症で転倒、誤嚥性肺炎併発 以前は、娘さんと両親の3人家族で、おおいし治療院に来院されていました。 父親が調子が悪くなって、母親も歩くのが困難になっていたので、しばらく 往診に行ってました。 父親が亡く …

肝硬変から腹水

肝硬変、糖尿病、心不全 娘さんの紹介で、治療院に来院する予定でしたら、異常な程の喉の渇きと頻尿で遠隔治療に変更されました。 肝硬変7:膵臓2:心不全1の割合で、遠隔治療をしました。 異常な喉の渇きと頻尿は、糖尿病(高血糖 …

入院していても遠隔治療は可能

病院に入院された方も遠隔治療可能です 本人が入院されていても、遠隔治療はできます。 今回は当院で定期的に来院されている方の、母親のガンのケアを依頼されました。 母親と本人、娘さんの三人で来院されています。 娘さんは赤ちゃ …

遠隔治療はリモートビューングがメイン

遠隔治療はリモート・ビューイングがメインです 遠隔治療の大石です。 遠隔治療はいざというときに使います。 医療系のヒーリングの要的存在です。 第6チャクラ(眉間)のアジナチャクラを使って、まずリモート・ビューイングで、患 …

がんの診断は医者しかできない

よくある質問 がんについて

公開日:更新日: コメントなし

遠隔治療の大石です。 患者様にがんはできていないですか? 大丈夫ですか? と聞かれることがあります。 おおいし治療院は、病気を診断できる立場でない為、西洋医学の医者が法律で病気の診断を許されております。 診断はできないが …

遠隔治療へのきっかけ

遠隔治療を目指したきっかけ

公開日:更新日: コメントなし

遠隔治療の大石です。 私が最初に気功に触れたきっかけは、20代前半のときに、偶然、ある気功師が、車椅子に座っている人に気功治療している場面でした。 この気功治療を習いたいと切に願ったのです。 その車椅子に座っている方は、 …

遠隔治療と遠隔療法の違い

遠隔治療と遠隔療法の違い

公開日:更新日: コメントなし

おおいし治療院では、遠隔の申し込みのときに、遠隔治療や遠隔療法を申し込まれることが多いです。 治療院という屋号をつけているので、遠隔治療の方が圧倒的に多いです。 遠隔ヒーリングという方もいらっしゃいますが、遠隔ヒーリング …